スポンサーサイト   ☆スポンサー広告 (--------)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






  ネトゲの課金システム   ☆雑記 (2011-01-31)

ECO本スレで見てたんですけど、こんな話題がありました。
http://twitter.com/ryoei18/status/31735411810242560
 

まだ噂の段階を出ていませんけど、
現状のネットゲームの課金システムは不明瞭で、明らかにグレーゾーンの商売が続いています
本来は一刻も早く規制されるべき問題なのに、政治関係に専門家が少ないためごてごてになってる感じ。

しかし最近のモバゲーやグリーなんて大手が問題を起こした事から
大きく表面化し、いよいよこの問題にもメスが入って行くようです。

恐らくはソーシャルネットワーク系以外の規制もあるものかと思いますけど
現状のくじ関係の商売が出来ないとなると、潰れるゲームは大量に出ますし
収益面の点から、課金体系がそもそも値上がりしてしまうゲームもあるでしょう。

こうなってくるとユーザーにとっても少なからず不都合が出る可能性も危惧されますね。

まぁそれでも各賞の確率も表示されないし、1等の価値が末等の数万倍とか
クジって名前ではあるけどただのギャンブルです、この件は私は一刻も早い規制を望みます。
スポンサーサイト






  やねせん   ☆雑記 (2011-01-14)

今日は親が”やねせん”行きたいー、とかいうので付いて行きました。

やね線って何ぞ、聞いたこと無いわー(>_<)って思ったのですけど
谷中・根津・千駄木の下町ラインの事らしいです。
wikiによるとこの辺りは戦災の被害が少なく重要な史跡が多いとか。

見所は谷中銀座(商店街)?
結構有名な商店街らしいですけど、実際のところは揚げ物揚げ物揚げ物
商店街っていうよりはただの観光向けので店みたいな感じでしょうか

続いて谷中墓地、近代位の有名な方々のお墓がたくさんあります。
その辺の小さなものとは違って、ものすごく大きいものとか
宗教問わず色々あるので興味深いですね、人も多く鬱蒼とした感じはないです。

この辺りは商店街意外にも有名なスイーツの店とかたくさんあるのですが
華麗にスルーしましたΣ(・ω・ノ)ノ

後は日暮里の繊維街とかいうところに。
普段見ないような生地が多くてこういうのも面白いですね。
やっぱり和柄がいいなぁと思いました。






  ごぼう   ☆雑記 (2011-01-11)

ゲームハード戦争「そろそろ頭を冷やそうよ」
http://jin115.com/archives/51744548.html
ゲームハードの優劣をめぐり、陣営をつくっては口汚くののしりあい、
オンラインゲームではへたれなプレイヤーを恫喝する一部のゲーマー。
そういう人たちに向けて、年始めの提言として「そろそろ頭を冷やそうよ」
という声があがっている。

 この記事を書いたブログメディア“Destructoid” のライ・ガイ記者は、
オンラインマルチプレイのゲームをプレイするとき、見知らぬゲーマーから
ボイスチャットで罵倒を浴びせられるのにほとほと嫌気がさしたそうな。
「どうでもいいことにこだわりすぎ。ゲーム本来の楽しみを忘れてるんじゃないか」
と思うようになった同氏が、「ゲーマーが気にかけなくてもいいこと」
として取り上げたのが次の3点だ。


リンクのリンクですけどこの記事呼んで、まさしくその通りだと思いますね。
運営のやり口としてユーザー同士を競わせ、
そこに課金を絡ませれば、お金を稼ぎやすいのは分かりますが

一時的にお金が稼げたとしても、悪質なユーザーが増加し
結局一般のユーザーが離れてしまう事になります。

オンラインゲームは、ゲーム性よりそこにつながってる人間同士の関係が
一番重要な要素だ、と言う事を忘れないで貰いたいですね。






  しょうが   ☆雑記 (2011-01-07)

なーにーをーかーこーうーかーなーってところなんですけど
やっぱ出かけた事くらいしか書く事がありませんね(-ω-。)

オペラシティのオペラシティ美術館に入ってみました。
ここは美術と言うよりはデザイン関係の企画展が多いのですが
今日は建築関係のデザインとやっぱりそんな感じですね。

まぁ未来的だとかそういう感じ方はあるのですがあまり興味ありませんでした。
ただここは結構学生っぽい人が多くて、建築関係の人でしょうか
かなり熱心にメモを取ったりなんだリ、まぁ現代美術なんて何でもありなのですが
これが美術・・・、と言うとただの実用に過ぎない気がしないでもないです。

同じくオペラシティのICCへ(・ω・`*)

良く分からないのもやっぱり多いです。現代美術っていうのは、
その前提にある物を理解した上で見ないと分からない物が多いので、
こういう解説とかが無いのは少し残念ですね。

影絵のモデルとかは結構面白かったですし、
フォルマント兄弟のお化け屋敷もなかなか興味深かったです。

それとディズニー映画のファンタジアの音楽とリズム部分において初期協力をしていた
オスカーフィッシンガーの映像作品は、必見かもしれませんね
目がちかちかしましたけど・・・(☆ω☆)






  きんがしんねん   ☆エミル・クロニクル (2011-01-01)


あけましておめでとうございます~



本年も変わらず、どうぞよろしくお願いいたします~(。・ω・。)ノ







 ☆ 最新ページへ ☆ 












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。